FC2ブログ

ボトックス注射で小顔、しわ、多汗症治療

2007.06.11
ボトックスはボツリヌス菌毒素を注射することで、顔をしわや顔のエラを小さくするころで小顔にすることができいす。また、最近では多汗症の方にボトックス注射して、治療するケースがでてきていいす。


ボトックスは多汗症には効果があるようですが、わきがには効果がみられないようです。


ボトックスの多汗症への効果ですが、半年くらい続くことがあるようです。手掌の多汗症へも効果があるかもしれません。また、ボトックスは2002年にはアメリカで治療薬としてFDAで認可を受けていいす。

これ以外のボトックス注射の効果としては、部分痩せの効果もでているようです。美容全般の治療として知られていいす。そして、塗るボトックス化粧品というものがありいす。その塗るボトックス化粧品ですが、アルジルリンというという成分がはいっていいす。

この塗るボトックス化粧品にはいっているアルジルリンはボツリヌス菌毒素と同じ働きをし、目元や眉間、でこちんなどにある表情じわに効果がありいす。

しかしボトックスではなぜ、しわがとれたり、小顔になったりするのか。ボトックス注射によって、エラの筋肉が緩み、やせて、小顔になっていくということです。顔に注射ということこわいとおもうかもしれません。

しかし、大阪のボトックス注射をしてくれるところでは、世界一ほっそい針ではれや痛みがほとんどないボトックス治療をしてくれるところがあるのです。

脚痩せなどの部分痩せでなんじゅーのが、ふくらはぎですがボトックス注射することが筋肉が細くなり、ふくらはぎも細くなるといっいかともできるようです。ボトックスを体内に注入すうことで副作用がないのかどうかはまた次回。


ボトックス注射で小顔美人

スポンサーサイト



トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: