FC2ブログ

高血圧は食事療法しよう

2007.06.18
高血圧は原因が明らかでない本態性高血圧症とホルモン異常などによって生じる二次性高血圧に分類される。


本態性高血圧の原因は単一ではなく、両親からうけついだ遺伝的素因が、生まれてから成長し、高齢化するまでの食事、ストレスなどのさまざまな環境因子によって修飾されて高血圧が発生するとされる。(モザイク説)


* 遺伝:両親の一方あるいは両方が高血圧であると高血圧を発症しやすい。


* 塩分:日本人の高血圧の発生には食塩過剰摂取の関与が強いとされる。日本人の食塩摂取量は1日平均12gであり、欧米人に比べて多い。

日本人の食塩嗜好は野菜の漬け物、梅干し、魚の塩漬けなど日本独自の食生活と関連があるが、2004年版に発行された日本の高血圧治療ガイドラインでは1日6g未満という厳しい減塩を推奨している。


高血圧を改善するには食事を改善していくことが大事ですね。レシピを考えるとか、また、指導をしてもらったりして、食事療法をしていくといいですね。



高血圧は食事療法しよう
スポンサーサイト



トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: